Topニュース・お知らせ >株式会社hugmo 「子育てクラウドサービスhugmo(ハグモ―)」の事業譲受に関するお知らせ

ニュース・お知らせ

ニュース

株式会社hugmo 「子育てクラウドサービスhugmo(ハグモ―)」の事業譲受に関するお知らせ

2021年05月12日

株式会社 学研ホールディングス(本社:東京都品川区/代表取締役社長:宮原博昭)のグループ会社、株式会社学研教育みらい(本社:東京都品川区/代表取締役社長:小林 徹、以下「当社」)は、ソフトバンク株式会社の子会社、株式会社hugmo(本社:東京都港区/代表取締役社長:湯浅 重数)から、子育てクラウドサービス「hugmo」事業を2021年6月1日付で事業譲受することといたしましたので、下記の通りお知らせいたします。

株式会社hugmoは、「未来を創る大切なこどもたちのために 子育てを最高にワクワクする楽しいものにする」をミッションに、2016年から保育施設などに保育・育児・教育分野におけるアプリケーション&コンテンツサービスとイーコマースサービスである「hugmo」を提供してきました。

当社は、株式会社学習研究社として1946年創業以来、子どもたちの学びをサポートし、幼児教育事業においては、全国4万園とつながりを持ち、絵本、幼児用品、備品、園舎の設計など、子どもたちの健全な育ちの環境づくりから、保育者向けの雑誌、講習会などによる園・保育従事者のサポートによる保育の質向上まで、さまざまな形で子どもたちの「生きる力」を育んできました。

株式会社hugmoと当社は、2020年4月から協業してきました。現在まで、園業務の効率化、園と保護者のコミュニケーション支援と、ICTと教育コンテンツの融合による保育環境の向上による幼児教育の支援を推進してきました。2021年4月には、「hugmo」内のeコマースサービスを使用した「おむつお届け定額サービス」を開始しております。園へ紙おむつとおしりふきをお届けすることで保育者と保護者双方の負担を軽減し、子どもたちとの触れ合いの時間を提供するという協業による新たな価値提供を創造・展開しています。

今回、学研グループのDX戦略のひとつとして、子育てクラウドサービス「hugmo」を事業譲受することで、当社のもつ子どもの学びのコンテンツ、保育・幼児教育におけるノウハウを融合し、hugmoサービスの向上と、園・家庭・地域をつなぐデジタルプラットフォームの構築を推進していきます。