Topニュース・お知らせ > 第1弾で子どもたちを夢中にさせた『琉球ゴールデンキングス ドリームスタディドリル』。第2弾が完成!

ニュース・お知らせ

ニュース

第1弾で子どもたちを夢中にさせた『琉球ゴールデンキングス ドリームスタディドリル』。第2弾が完成!

2018年06月06日

株式会社 学研ホールディングス(東京・品川/代表取締役社長:宮原博昭)のグループ会社、株式会社 学研教育みらい(東京・品川/代表取締役社長:小林徹)は、沖縄バスケットボール株式会社(沖縄・宜野湾/代表取締役社長:木村達郎)と、昨年に引き続き、『琉球ゴールデンキングス ドリームスタディドリル 小学3年』(非売品)を制作しました。

▲第2弾の表紙は、キャプテン岸本隆一
選手(左)と、田代直希選手(右)

「バスケットボールに限らず、何ごとも楽しく取り組むことが成功・成長の近道。ドリームスタディドリルは、キングスの選手がたくさん登場するほか、沖縄の文化も交えつつ、楽しく学べるしかけが詰まっています。楽しみながら学び、それぞれが自分の夢に向かってがんばるきっかけにしてもらえたらうれしいです!」(岸本選手)

●『琉球ゴールデンキングス ドリームスタディドリル 小学3年』とは?

プロバスケットボールリーグ・Bリーグの人気チーム「琉球ゴールデンキングス」が、ホームタウンプロジェクトの一環として制作する学習ドリル。「キングス選手と一緒に楽しく勉強し、夢を持つことの大切さや勉強することの楽しさを感じてくれたらうれしい」チームのそんな思いが込められたドリルです。ホームタウン・沖縄市などの協力も得て制作し完成したドリルは、昨年の第1弾に引き続き、今年も沖縄市内の小学校に通う小学3年生全員に、5月28日にチームから贈呈されました。


▲日本代表チームでも活躍するアイラ・ブラウン選手と、
沖縄県出身の津山尚大選手の直筆メッセージも掲載!
▲選手のほか「ゴーディー」がヒントを出してくれる。楽しみながら学習を進められる工夫が随所に
▲地元沖縄市の中心地やアリーナを舞台にした身近な題材で学べるなど、地域のことに関心が持てるしかけが豊富なことも、このドリルの魅力

●第2弾は「アルファベット」と「英単語」ポスター付録をプラス!

このドリルは、小学校3年で学習する、「国語」や「算数」、「社会」などの内容を、「琉球ゴールデンキングス」の選手やチームのマスコットキャラクター「ゴーディー」、沖縄市の名産品など、子どもたちにとって身近な話題を通じて楽しく学べる内容です。また、綴込付録として収められている小学3年生で習う「漢字」「ローマ字」のポスターや、ドリル特製シールも好評。さらに、第2弾では新たに英語ポスター(「アルファベット」と「いろいろな単語」)を追加。新学習指導要領で小学校3年生に導入された外国語活動もふまえ、さらに充実した内容です。

▲新たに仲間入りしたポスター付録「アルファベット表」
▲「アルファベット表」の裏面は「英単語表」。よーく見ると、キングス選手全員が必ずどこかに隠れている。

●『琉球ゴールデンキングス ドリームスタディドリル 小学3年』概要

▲第2弾の表紙は、チームカラーの
スチールブルーをイメージ!

対象:小学3年生
判型:A4判/オールカラー
ページ数など:40ページ+付録(アルファベット表、英単語表、小学3年生の漢字表、ローマ字表、シール)
※非売品(沖縄市内の小学校に通う小学3年生全員に、チームから無償配布)
《ドリルの配布に関するお問い合わせ》
沖縄バスケットボール株式会社 TEL098-897-7331

●夢をかなえるためにチャレンジし続ける子どもたちを応援します

『琉球ゴールデンキングス ドリームスタディドリル 小学3年』は、いつもキラキラと目を輝かせながらキングスを応援してくれる子どもたちへ、チームからの感謝の気持ちを込めて制作されました。
学習する内容がぐっと広がる小学3年生。このドリルを通じて、日々の学習により興味・関心を高め、夢をかなえるためにチャレンジし続ける子どもたちをチームは応援しています。

学研教育みらいは、琉球ゴールデンキングスとコラボーレーションして取り組む学習ドリルの制作を通じて、スポーツを活用した楽しい“まなび”と、地域に根ざした豊かな“まなび”に貢献することを目指していきます。

《株式会社 学研教育みらい WEBサイト》 http://gakken-kyoikumirai.co.jp/
《沖縄バスケットボール株式会社(琉球ゴールデンキングス) WEBサイト》http://www.goldenkings.jp/